INTERVIEW

井浪 遥Haruka Inami
安城工場 検査品質保証部

プロフィール

大学卒業後、新卒で入社。インドネシアのブカシ県にグループ会社「PT YTKインドネシア」の海外拠点工場があることを知り、チャンスに富んだ職場であるとの期待もふくらみ、入社を決定。海外出向の希望を出している。

仕事のやりがい

当社は国内だけでなく、海外にも拠点があります。海外でキャリアを築く選択肢も、自分次第で可能です。私も大好きなインドネシアに関わって働きたい、海外駐在をしたいという思いから入社しましたが、まずは世界のどこでも通用する知識とスキルを身につけることが第一。今は応援という形で、出来上がった部品を顕微鏡で見て、部品のササクレを取り除く品質保証の業務を担当していますが、本来の所属部署である検査技術を磨いていくために必要となる機械の知識を深めようと、休日には自動車エンジンの勉強をしています。私は文系の学部でしたので、機械に疎いのですが(笑)、機械と深く関わる今の部署に自分が選ばれたことには意味があるはず。だからこそ、早く先輩たちに追いつきたいと頑張っています。

ユタカ工業の魅力

大変な時には色々な部署の人が垣根をこえて頑張っている姿を見ていると、まとまりがある会社であることを実感します。もちろん私も手伝いますので、微力ながらも会社の一員として、自分の存在価値が認識できることも嬉しく思います。

将来のビジョン

プライベートで行ったインドネシアは温厚な人が多く、性格的にゆったりしているからなのか、時間にルーズな部分が感じられます。しかし、この仕事に納期は付きものですし、特に緊急案件などで厳しいスケジュールのときは質を落とさず、納期に間に合わせることが必至となります。いずれ海外赴任の夢がかなった場合は、いいモノを作りたいというユタカ工業の思いを現地の方と共有し、日本と同じクオリティーを実現していくことを目標に掲げています。

メッセージ

就職活動は大変だと思いますが、自分が好きなこと、やりたいこと、ちょっとでも興味があることを、とことん探していくことで、きっと納得のいく会社が見つかります。深く考えすぎず、自分を追い込みすぎず、頑張ってください。

その他のインタビュー

Interview Top