INTERVIEW

杉浦 泰弘Yasuhiro Sugiura
安城工場 製造部 課長

プロフィール

1996年入社後、試作部、製造部を経て、アメリカ・ノースカロライナ州にあるグループ会社「クリーブランド ユタカコーポレーション」で4年8ヶ月勤務。現在、主にデンソー様の機能部品を製造する安城工場の第5工場で技術部全体を統括する役目を担う。

印象に残っている仕事

アメリカのグループ会社への海外赴任当初は、ネイティブの方と思い通りに意思疎通ができない事もあり、苦労しました。日本人スタッフが少ないなか、設備の段取りなど運営に関わる設定や、現地社員の教育、さらに機械の修理までやっていました。それらの苦労も自分の成長の機会ととらえ、逃げずに向き合ってきました。おかげで最終的には会話も完璧にこなせるようになり、若いころに海外で働く事ができたことで、確実に視野が広がったと思います。

ユタカ工業の魅力

「失敗から“改善”することを学んで、次にいかせば良い」と、失敗を恐れずチャレンジさせてくれる会社なので、色々な経験ができ、日々自分のスキルアップに繋がっています。風通しが良く、要望、相談、提案などいろいろ話を聞いてもらえることもユタカ工業の魅力です。

今、取り組んでいること

人材育成に取り組んでいます。部下の考える力を育てるために、例えば、何かトラブルが起きたとしても、すぐに解決方法を教えるのではなく、考える余地を残して、いったん現場に任せます。そうして自分で解決する引き出しを増やしていってほしいと願っています。

これから求める人材について

色々なことを想像できる人。前向きで、常に進化・前進して行こうというタイプの人。現状に満足せず、未来を想像して、変わることを恐れずに、何が最善かを考え、前進する姿勢を持ち続けて欲しいと思います。

メッセージ

経験年数に関係なく、提案すれば、耳を傾けてもらえ、いいと思うことは挑戦させてもらえる環境です。ユタカ工業はこれからもいろいろな可能性を持って、飛躍していく会社であると思います。一緒に様々な可能性に向かって頑張りましょう。

その他のインタビュー

Interview Top