INTERVIEW

三宅 裕二Yuji Miyake
安城工場 検査品質保証部 課長

プロフィール

2003年入社。組付け工場の現場からという異業種からの転職だったが、「挑戦している会社であり、自分自身も挑戦できる」と感じ、入社を決意。入社当初はサイズやお客様の仕様にそくしているか測定を行う検査担当、現在は検査・評価業務に加え、品質保証業務にも携わる。

仕事のやりがい

モノは正直なので、一つ一つのことをきちんと決まり通りに行わなれば、すぐカタチに出てきます。どの部分が決まりからはみだしているか、それはなぜかというチェックはもちろん、どうすれば決まり通りに生産活動を円滑に進めることができるのか、という提案サポートを行うのも私たちの仕事です。
新製品立ち上げ時には、事前にお客様と品質の打ち合わせを行う事もあり、直接、製造には参加していませんが、お客様と製造との橋渡しという間接的に工場運営に貢献していると自負しています。

今、取り組んでいること

自動車業界はダイナミックに変化する時代に突入しています。当社が関係する自動車部品でも、変革の進む自動車技術への対応に見合った取り組みが進められます。たとえ、どんな波が来たとしてもフレキシブルに対応が出来るように、自分も含めてきちんとチームの問題解決能力を底上げしながら、会社全体としてのレベルアップを図りたいと考えています。

ユタカ工業の魅力

私は27歳で未経験で入ってきて、いろいろな仕事にチャレンジさせてもらうチャンスがありました。自分の意気込み次第で多彩な経験が積めるので、人間としても大きく成長できると思います。

メッセージ

どの部署でも、どの仕事でも、最終的には人対人の対応になります。だから相手に対する配慮、感謝の気持ちを忘れず、相手の立場になって考える癖をつけてほしいと思います。最初は分からないことばかりで不安だと思いますが、ひとつひとつ仕事に取り組んでいきましょう。

その他のインタビュー

Interview Top