INTERVIEW

鈴木 健一郎Kenichiro Suzuki
安城工場 技術統括部 班長

プロフィール

愛知県内でモノ作りに関われる仕事を希望していて、大学の企業説明会で興味をもった当社へ入社。製造部、試作部勤務を経て、切削加工以外の技術を取得するため仕入先に2年出向。現在、技術統括部に所属し、生産性向上のために改善業務にたずさわる。

仕事のやりがい

仕事量の増加にあわせ、品質を落とさず、一つの製品にかかる加工時間を短くする改善を担当しています。設備を増やしたり、刃部のランクをあげたりすれば、実現可能なことですが、それではコストがかかります。改善では予算をかけず、装置の設定、仕様を変更することによって、より良い製品を効率よく生産できるよう、プロセスを改革することがポイント。自分のなかに知識の引き出しが増えていくことで、不良品が発生するメカニズムがわかり、最終的に不良品が減らせたときは、顔が自然とほころびます。

将来へのビジョン

例えば、今まで誰も作ってこなかったハブを作るとか、加工方法を発見するとか、面白い仕事がしたいですね。手で機械を触る、加工の切削の重さを図る、匂い・感覚・カタチ…、人間の五感を駆使させてそこから気付き、考える姿勢を持ち続け、多くの経験と実績を積んでいく中で、これなら誰にも負けないと自信を持って言えるフィールドを持ちたいと思っています。

これから求める人材について

粘り強さがある人。何度もトライアンドエラーを繰り返し、なかなか思うようには進まなくても途中で諦めず、やりきることができる人。そんな強いハートを持つ人がこの仕事に向いていると思います。

メッセージ

私自身、若い時から仕入先に出向して特殊な技術を学ばせてもらうなど、様々な経験をしています。
ユタカ工業は、若くて、やる気がある人には、学びの機会を与えてもらえる、成長のチャンスを与えてくれる素晴らしい会社です。新しいことに挑戦したい、という意欲のある方にぜひ来ていただきたいです。

その他のインタビュー

Interview Top